infomation

花粉症の季節の「むずむず乾燥」 フェイスマップならどうする?

2019年4月1日

花粉症にお悩みの方は増え続けています。また鼻や目の症状だけではなく、肌の不調を悩みも同時に抱える方も少なくありません。そこでフェイスマップの視点から行うスキンケアをご紹介しましょう。

目次

  • 皮フも呼吸器の一部だから花粉症の季節は養生が必要
  • 呼吸器と腸内環境を整える食事が花粉症の色々な悩みを和らげる
  • 花粉症シーズンの「むずむず乾燥」のスキンケアにはこの成分のコスメを

皮フは呼吸器の一部、花粉症の時期にはハチミツなどで養生を

冬から春に向けて花粉症の方にとってはツラい時期かと思います。花粉症の症状である、鼻水・くしゃみ・咳・肌のかゆみなどは、フェイスマップの視点でいえばすべて「肺」の問題としてつながっています。ここでいう肺とは呼吸器全体。皮フは鼻、喉、気管支、肺と同じ呼吸器であり、互いに深い相関関係があります。

花粉症の時期になると妙に肌が乾燥して不快感が募る、むずむずかゆくなる、肌あれがひどくなる、という方は、肺=呼吸器が弱まっている証です。肺=呼吸器の状態はダイレクトに肌に表れるといっても過言ではありません。特に肺の反射区である頬からフェイスラインにかけて深刻な乾燥に見まわれることが多いようです。

花粉症の時期に肌の乾燥やかゆみ、荒れがひどくなる方は、肺=呼吸器をしっかりケアすることが大切。たとえば喉と肺を潤してくれるハチミツを朝晩なめるようにしてはいかがでしょう。マヌカハニーは特に抗菌力が高く、風邪の予防にもおすすめです。

あぶらっこいものと白砂糖をひかえて
呼吸器と腸内環境をよくする白い野菜をたっぷり摂りましょう

外に思われるかもしれませんが、食べ物と肺=呼吸器も深い関わりがあります。あぶらっこい高脂肪食は肺の粘膜を乾燥させ、頬からフェイスラインにかけての肺の反射区に「不快な乾き」を生じさせます。白砂糖の摂りすぎによっても呼吸器粘膜が乾燥し、鼻がつまりやすくなったり喉がイガイガになったり、風邪をひきやすいなどの不調が出るのをご存じでしょうか。

試しに高脂肪食品と白砂糖をしばらくセーブしてみてください。大根やカブ、れんこんなどの肺にいいといわれる野菜をたっぷり摂りましょう。ちょっとした心がけで呼吸器の状態はぐっと良くなります。

近年は花粉症と腸の関わりにも注目が集まるようになりました。乳酸菌などで腸を整えると花粉症などにもよい影響を与える、といわれています。フェイスマップでは肺=呼吸器と大腸は相関関係にあり、腸内環境の乱れと肺の乱れはリンクしていると考えます。あぶらっこい高脂肪食や白砂糖は、肺だけでなく腸内環境も悪化させるため、控えましょう。

花粉症のシーズンに起こる「むずむず乾燥」を阻止する
とっておきの○○配合コスメとは?

花粉症が気になる時期には、顔に直に花粉がつかないようにプロテクトすることも大切です。

  • 外出の際はめがねやマスクなどで防御する
  • 髪はしっかり束ねて花粉がつきにくい状態にしておく(顔にかからないようにする)
  • 帰宅したら花粉が着いている衣類をすぐに着替える

など日常生活の心がけが不快感を軽減することにつながります。

帰宅後のスキンケアでは、肌を乾燥させない配慮がありながら花粉が付着したメイク汚れをしっかり取り除けるクレンジングを使用し、さらに洗顔料で泡洗顔をしましょう。

花粉をしっかり取り除いた後には、肌の角質層のバリアを作っている細胞間脂質(セラミド)の不足を補う化粧品でケアを。細胞間脂質の不足は冬から春にかけての乾燥をさらに悪化させるため、スキンケアアイテムは脂質がしっかり配合されているかチェックしましょう。細胞間脂質を補う効果が高いコスメは、内側から染み出てくるような不快な乾燥を阻止するのにおすすめです。